2011年03月15日

募金と、本、告知

明日、3月16日、本を刊行します。

角川マーケティングからで、

神様がつくった病(やまい) おばぁちゃんと私の認知症物語」

という本です。

認知症になった私の祖母との大切な思い出と共に、

どうして認知症になるのかという仕組みの解説や、

予防法、認知症にも種類があるということ、を漫画で描いてあります。



…宮城に実家がある私の友人は、今回の地震で祖母を亡くしたそうです。

仕事を辞め、暫くは宮城の復旧に専念すると言っていました。

こんな知らせを聞くたび、胸が押しつぶされる気持ちでいっぱいになります。


そこで、非常に微力ではありますが、私も
被災者の方のために、今はできる限りの募金しようと思っています。

名称未設定 1のコピー.jpg


名称未設定 1のコピー.jpg2.jpg

認知症、薬に関しても、

現在日本では、今度承認される薬を含め症状の悪化を「遅らせる」薬しかありませんが

「認知症を根本から治す薬」や認知症にならないための「ワクチン」の

開発も進められ、現在は治験段階にあり、そのことに関しても触れています。


そんな「情報」が、認知症で困っている皆さんへ少しでも希望をもたらします様

願っています。

名称未設定 2のコピー.jpg


そして、被災者の方へ少しでも力になれますように。

私の力がほんの少ししかなくても、多数の方が同じ思いを持って集まれば、

大きなものに変わると思っています。

皆、無力じゃないよ!!
posted by なつこ at 15:35| Comment(0) | 日記

被災者救助の注意事項、コピペ

被災者の方へボランティアの注意事項があったので、コピペしておきます。

■自宅で→とりあえず節電。離れた地域の方も節電・メールの使用を控えることが重要です。切実です。

■災害ボランティア→
素人が今乗り込んでも足手まといが増えるだけ。助けたいのはみんな同じなので今は我慢。

本気でやる気がある方は各自治体の災害ボランティア保険に加入し、
未経験の方は「募集があるまで」災害ボランティアや応急救護法やボーイスカウト法、被災地そのものや赤十字などのホームページを熟読。

自分のこと(寝食・排泄・防寒等々)を全て自分でできて更に余力のある人(できれば経験者)だけが行くべきで、
そうでない人は100円を募金した方がよほど助けになります。
ここに書ききれない情報が多いのでご自分で調べ準備できる方のみが動いて下さい。

「とにかく助けにきたよー!何すればいい?ところで私のご飯と寝床とトイレはどこ?」という人が一番迷惑になります。
むしろ本来救援を必要とする方への間接的な加害者にさえなります。

■支援物資→「これ、いらないけど…いる?一応送っとくね」というのは大迷惑。

中越のときには報道陣に隠れて毎日徹夜で膨大な量の支援物資の仕分けを強いられた被災者の方々が多数いました。

せっかくの支援物資が迷惑にならないよう、調べて下さい。
(p)http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162
宮城の被災者に支援物資を送りたい人へ

■募金→義援金詐欺が出ている模様。今後増加する恐れもあります。

焦らず、正しい情報を。テレビ局やその他政府機関等で公式に募金要請があります。

助けたい気持ちはわかりますが、焦らずにお願いします。
いないとは思いますが封筒に入れて送るよりも振り込みが基本。 今のところ本当に何よりも有り難い支援。

■献血→阪神のときには皆が一斉に献血に向かい、その血が尽きた頃に血も献血者も不足し困ったそうです。

血液は三ヶ月に一回しか提供できないものです。対して400献血の保存期間は最大21日。成分献血は3日。

もちろん今も必要ですが家族総出で今日明日に献血というのは後になり悔やむかもしれません。

posted by なつこ at 14:40| Comment(0) | 日記

2011年03月13日

地震、現実的に今できること。そして日本は

今、救出はプロの方に任せるべきで

ボランティアで下手に現場にむかうと、逆に被災者となり

迷惑がかかってしまう可能性がある。

復旧に入る1週間後?くらいを目安に、ボランティアが必要となるらしいexclamation×2

今、出来ることと言ったら、募金すること

微力で切ないけれど…

かと言って、デマの募金団体がいるのも事実。…こんな時に…バッド(下向き矢印)

とりあえず、ちゃんとしたNGO↓

国際NGO「日本国際民間協力会(NICCO)」=郵便振替。
口座番号01070−5−60791。
通信欄に「東北太平洋沖地震」と記入。
問い合わせはTEL075(241)0681。


仙台に実家をもつ友人がアメリカにいるのだけれど、

アメリカでも、日本のニュースでもちきりらしい。

そして

「CNNでもBBCでも、日本国民のすばらしさをうたってるよ」、と。

非常時の対応、助け合いの精神…

いろんなニュースや人の言葉を見て、私は日本、日本人大好きだ、と思った

まだ連絡が取れない状態の友人もいる

偽善と思われようが、結構。出来ることをしたい。

一人でも多くの方が救助されますように。

余震が続いていますね、皆さん気をつけて下さい
posted by なつこ at 12:50| Comment(2) | 日記

2011年03月12日

地震、してはいけないこと箇条書き

「とにかく夕方は節電する。」

「寄付を送るなら必ず義援金を。物資は復興に使うもので、今送れば被害を拡大させるだけ。」

「現地ボランティアも同じく、復興に必要なもの。災害救助はプロに任せる。」

「血液は生もので保存が効かない。輸血は交通インフラが整ったタイミングで」


してはいけないこと、ではなく、出来ることは…
posted by なつこ at 23:35| Comment(0) | 日記

地震災害で何が

昨日の地震、皆さん、及び皆さんのご家族は大丈夫でしたか?

私の方も、パソコンが机から落ちたり、飲み物のビンが割れたりしましたが

なんとか。

友人たちも、電車が止まり帰る手段がないため、徒歩で帰ったり

会社に泊まったり、だったようです。

被害者の数もどんどん増えて、とても悲しく、やりきれない気持ちになります。

亡くなった方のご冥福をお祈りします。


ただ、嘆いたり、悲しんだりは、後からでも出来ること。

とりあえず今は、自分に何が出来るかを考えて、動かないと。


宮城に実家がある友人は、仕事を辞めて、復旧を手伝いにしばらく帰るそうです。

今現在、携帯もネットも使えないため情報が得られず、

食料も毛布もなく、支援を待っている人たちがいるわけです。

そのために、自分や、周りの人たちで出来ることを考えなければ。

そして、動かなければ。

祈ることしか出来ない、ということはないはず

posted by なつこ at 15:53| Comment(0) | 日記