2012年09月07日

サイパン旅行記

2日までサイパンに行ってきたのですが

いやはやもうゆるっゆるにゆるい国で、


私が今夏バテで溶けかけているのも

きっとサイパンのゆるさの名残に間違いないってくらいゆるかった。


今調べたら入国審査もゆるいと書いてある。本当にゆるい。

005.JPG

とにかく自然がいっぱいぴかぴか(新しい)

今の時期は1日に数回スコールが降るようでしたが

そのために道路が水で沈んでしまっていても直す気は全くなさそうでした。


サイパンで最も栄えている街、ガラパンの通りにあった

003.JPG

マッサージ店。

政府公認の文字が気になる。いったい何を認められたのだ。

まさか店を出していいという許可だろうか。


そしてそのとなりには

002.JPG

「おや指」という名前のマッサージ店。

ネーミングセンス、堂々としすぎてもはやカッコイイ。

もし日本で「THUMB」という店があっても私は違和感ないけど、

英語圏の人はやはりこう

なんとも不思議な感じを抱くのでしょうかね


あ!あとなんでかサイパンに

040.JPG

なっちゃんちがあったんだよ。

とてもウェルカムされているよ!

もう、ゆるゆるのサイパンで暮らせってことだ。


そしてお気づきでしょうが、やけに日本語で書かれたものが多いんだけど

「日本語?超OK!」のような外観をしているくせに

実際に店員と話してみると意外に日本語が使えないところも

また堂々としていて素晴らしかった。

どこにも日本語喋れるなんて書いてないじゃん

勘違いして入ってきたお前が悪いんだよ、みたいな。

ここは日本人も見習うべきでしょうね。

次回につづく




【日常のことの最新記事】
posted by なつこ at 15:36| Comment(2) | 日常のこと
この記事へのコメント
こんばんは。
体調、大丈夫ですか?
ゆっくり休んでください。
婦人公論、みます。
Posted by サラン at 2012年09月07日 21:05
サイパン楽しそうですね!行った事ないです。以前、トラック島にいた海軍通信兵のおじいさんと話した事があります。終戦の年の春に中山競馬場の近くの海軍送信所に引き揚げて国内で終戦をむかえたとか、8月までいたら死んでたかも、と言ってました。神風特攻隊は「あんなの当たらない」とか「大和にもっと護衛の船をつけたら片道切符じゃなく帰ってこれたのでは?」と聞いたら「自分の身を自分で守れないのは戦艦じゃないんだ」とか言うし。なんか冷たいな〜と思いつつ職業軍人はそんなものなのかなぁ?僕は今日も荒川土手ウォーキングしてきました。もの凄く体調悪いです。海外旅行どころじゃないです。雨上がりだったので虹がかかってたり夕暮れ時でスカイツリーのライトアップもオシャレな感じです。一眼レフと三脚で撮影してるオジサン達と話し込んだりしました。なっちゃんも自転車で撮影に出動です!歩くとキツイだろうな?!
Posted by かわっち at 2012年09月19日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。