2015年04月21日

偏差値29からなぜ東大に合格したのか

タイトルはまたあれですが、

23日に新刊がでます。

IMG_4394.jpg

『偏差値29からなぜ東大に合格したのか』
(幻冬舎エデュケーション新書より)

人間の可能性について考え、分析した本です。

親が子どもに対してどう接することで、

点数が悪かったりテストができなかったり

偏差値が悪かったりしても、

難関大に挑戦し続けられる人間になるのか?という疑問が主軸になっています。

端的にいうと、失敗や挫折があったとて

目標達成する人間になるにはどうしたらよいか、
ということですね。


本にも書きましたが、エジソンは電球を発明するにあたり5千回も失敗しています。

それでも諦めず挑戦し続けたからこそ、成功を手にすることができました。


img3e1eaedczikezj.jpeg

こうした失敗しても「諦めない」「めげない」精神をもつ人が、

何に関しても最後には勝つ、と。

そんな精神の育み方についてです。

目標達成力を伸ばすということなので、もちろんスポーツなど

勉強以外の分野でも使えます。

日常生活で簡単に気をつけられる、ちょっとした

「すべきこと」、「すべきいじゃないこと」について!

よかったら読んでみてください。

杉山奈津子

【日記の最新記事】
posted by なつこ at 12:47| 日記