2013年03月31日

自殺から自死へ??

このたび引越しまして、部屋はダンボール山積み、荷物が散乱

この4日間でハサミを15回はなくしました。

セロファンテープも7回くらい消えました。

なにもかもが滞り

どこになにがあるかすぐに分かる生活がいかに快適か痛感し

今後は整理整頓を心がけようと思う次第です。

いや、前も綺麗好きだったけれど、よりいっそうね。

=============================

以前、総理大臣が漢字を読めなかったということで批判されたけれど

読み方を間違えて覚えているくらい、誰にでもあるミスです。

私だって以前は「出汁(だし)」を「でじる」と読んでいました。

まあ、カツオ出汁を「カツオでじる」と言うと

とても不味そうなイメージになります。

ただ、「出汁」はすでに「ダシ」という「用語」になっているから

違和感を覚えるわけで

もし大昔から「デジル」と呼んでいたら、そんな不味そうにも

思わないような気がします。

日常は、言葉の響きを鈍感にします。

「ポン酢」だって当たり前のように呼んでいますが

よくよく考えるとポンって何?変なの、と思います。

(※由来は、オランダの飲み物「ポンス」を連想させるものだったからだそうです)

呼び方を変えても

マーカー=蛍光ペンで、ママ=お母さん、ファラワーショップ=花屋、

同じものです。


======================


島根県で「自殺」の呼び方を「自死」に改めたとのこと

Yahooニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130330-00000539-yom-soci

この呼称は今後広がっていくんでしょうかね


「自殺」という言葉はとても強い力を持っているので

Aさんが自殺した、というよりAさんが自死した、という方が

なんとなく「自分で死を選んだ」という響きが

柔らかく、弱くなる気もします。


ただ実際にAさんが自分で「死を選んだ」という行為に

変わりはないわけです。


単に「自殺」という言葉が世の中に浸透しているから

「自死」=「自殺」ではないような気が「なんとなく」するけれど

それは一時的なもので

もし「自死」という言葉が浸透していったら、最終的に

「自殺」=「自死」と同じ重さを持ってくる気がします。

「殺」も「死」、どちらも強い漢字なので。


遺族は、自殺の名前を改めるのではなく、自殺の原因となったものを

改めて欲しいのではないでしょうかね。

言葉が果たす役割は大きいときもあるけれど、この場合

単なる一時しのぎのすり替えにすぎないような気がするのですが。





posted by なつこ at 12:10| 社会面

2013年03月11日

人生の路

私の好きな言葉は

HPの自己紹介欄にも書いてありますが

『路傍の石』(山本有三)

〈たった1人しかいない自分を たった1度しかない一生を 
本当に生かさなかったら 人間に生まれてきたかいがないじゃないか〉


という一節です。


今、路傍というより、路の真ん中にいるのでしょうか

周囲で三十路という言葉が盛んに飛び交うようになりました。

三十路。みそじ。ミソジ。


なにともなく辞書をひいたら

四十路(しそじ)という言葉を発見し、

二十路(ふたそじ)も存在したので

これは!!と思いまして…


五十路(いそじ)

六十路(むそじ)

七十路(ななそじ)

八十路(やそじ)……




あああ、このままいくと…!!!


と、胸を高鳴らせ次を調べると


九十路!!



(ここのそじ)

と、読む、と。




・・・ちぇっ。

(・ω・)y─┛~~

神などいなかった

ドキドキ感を返してくれ。


あと、「十路」はないようです。

世の中は

十字をきったんですね。


アーメン。


↑ちょっとうまいこと言ってみたヽ(・ω・ゞ)




posted by なつこ at 15:42| 日記

2013年03月04日

気の毒に・・・

本にも書いてあるんですが、抗鬱剤や安定剤の副作用として

お通じ問題が結構深刻だったりします。

で、私は毎日欠くことなくヤクルトを飲み、

ダノンのビオ
(ヨーグルト)
を食べています。


ヨーグルトの中には善玉菌が入っていますが

腸まで運ばれる途中の胃液、あるいは腸液で死んでしまい、

肝心なところまで

届かないことがあります。

flow_01-15e21da9a8792fe625826a55ac85dd03.jpg

その点、ビオはダノンで開発された

生きたまま腸まで届く高生存ビフィズス菌「BE80」

(腸まで届く菌の生存率が高いらしい)

が入っており、紹介した私のところにも

「ビオを食べていたら本当にお通じ問題が解決した!」という

お便りが幾つか来ました。

(別にビオの回し者ではない)


ただ、ビオってば、結構フタの裏にいらんことを書くのですよ。

今日のビオでは

IMG_8303.jpg

いきなり

「きのどくに」って言われました。

朝から!!

調べたら石川、富山、岐阜あたりの「ありがとう」のようですが

その辺りの土地じゃない人は

これちょっと、切なくなるよね・・・

しかも、かなり長い期間食べ続けているんだけど

「全国いろんなありがとう」のはずが、

今まで「きのどくに」しか出たことがない。


ひょっとしたらこのまま

この「全国ありがとう」シリーズは

きのどくに、で終わるのではないかと。

言われっぱなしで終わるのではないかと。

私は危惧している



posted by なつこ at 17:18| 日常のこと