2012年08月28日

単なる逃亡の業務報告

明日の29日から

9月の2日まで

サイパンに海外逃亡してきますよっ(*ノε`*)ノシ

ハローサイパン☆

さよならジャパン☆


パンといえば

サイパンダというキャラがサイパン中をまかり通っているようですけど

a36226170ae5afa65913e33f6f899975_org.jpg

↑めっちゃコメントしたくない。


バスまであるんだって。サイパンダバス。ああ・・・なんてこと・・・

サイパンの人よ、早く気づきなさい!!!

可愛いとは、キャラ萌えとはなにか!!



サイパンは戦争の跡地も沢山あるようなので

そのあたりもしっかり見てこようかと思います。


というわけで短期間ですが連絡つながりませんので、ご迷惑おかけしますが

よろしくお願いしますm(__)m

杉山

====追記=======

今わたしが5秒で描いたジャパンダ(邪パンダ)

120828_1959~01.jpg

よかったらグッズ化してください。まずはバス化から





posted by なつこ at 19:28| Comment(6) | 日記

2012年08月24日

生きる形 ※ちょっと暗いです

昨日、お世話になっている方に会いに東大に行って来ました。

120823_1343~01.jpg

赤門の写真撮っているといつも「ああ、観光客ね」という視線が私を刺して

ちょっと気恥ずかしくなります。

そう、渋谷の忠犬ハチ公の写真を撮っている時のあの感じです。

え?撮ったことない?ああそう。


まあそんな忠犬ハチ公の心臓もあるよということで

120823_1325~01.jpg

「生きる形」という展示を見てきました。

東京大学伊藤国際学術研究センターというらしいですが

赤門を入ってすぐ右の、新しく出来た建物です。

詳細 <会期:2012/4/20〜9/1  お休み:日曜・祝祭日  入館料:無料>


忠犬ハチ公の心臓と肺、肝臓、脾臓もあったかな?

心臓が予想外に大きくて、実際のハチ公は渋谷にいる像なんかよりかなり

大きい子だったのではないかと感じました。

あの像は同情をひくために可愛く作りかえられた偽ハチ公なのではないのかな?

なんと解せぬ。


普段は農学部の獣医学部に保存されているようなので

今度から「ハチ公前集合」と言ったら東大農学部前に集合ね。

本物志向でいきましょうね。


他には、猿の大角膜とか、うしの骨とか

ニワトリの剥製だけでも50羽くらいあった気がします。


死とアートという空間があって、

恐竜みたいにでかい動物の頭蓋骨が光ファイバーでキラキラ光っていて

牛のような動物の頭がみんなしてこっちを向いていて

あまりに沢山の骨が迫ってくる恐怖を感じつつも、その迫力を綺麗だと感じてしまった

自分にちょっと違和感がありました。


部屋の前には

「死を芸術につなげられるから私たちは獣に堕ちない」というようなことが書いてあって

その人にとってはそのとおりかもしれないけれど

私はそんなのおごりであって

死を芸術にあげようとする私たちこそが獣として堕ちているし

そもそも人間と獣とどこが違うのかと腹までたってきた。





死ぬというのはもっとどぎついものじゃないかなあ。

というのも、最近死について考えることがあったせいなのだけれど…



「生きる形」という題で展示されていたのは

この沢山の「死」の中で逆に「自分の生」を感じて欲しいということなのだろうけど

私にとってこの場所は徹底的な「死の形」にしか見えなかった。


多分、感傷的なんだとおもいます。まだ。



posted by なつこ at 16:27| Comment(4) | 考えてみる

2012年08月21日

生ゼリーにきょうも行列ができる理由

杉山清さんの「生ゼリーにきょうも行列ができる理由」

という本について

「おぉ、同じ杉山さんだ!しかも静岡だ!

みたいな発言をしたら、

御本を送っていただきましたm(__)mありがとうございます。

001.JPG

嬉しいものですね。

今後もっといろいろ褒めてみよう(人´∀`)


この生ゼリーやさん、静岡県の富士市にあるようです。

こちらのHP左斜め下
http://sugikiyo.com/

を見るとわかるのですが、めっちゃめちゃ美味しそう!

Jelly Catalogの項目をみると、まるで宝石が並んでいるみたいに綺麗!

マンゴーは1つ5000円の完熟したのを使っているそうです(≧∀≦)ノひゃー

img_722382_24471236_8.jpg

で、この本を読んでみると、

「生ゼリーがいかに美味しいか」ということを書いてあるわけではなく

マーケティング・経営とは?について書いてある本なのですね。


経営拡大のため、作り手とお客さんとの距離がどんどん離れていってしまう昨今、

どんなに魅力的な誘いが来ても店舗を拡大しない
(スカイツリーからのテナントの誘いも断ったそうです!)


杉山(清)さんからはお客さんの喜ぶ顔を何よりも大切にしている暖かさが感じられました。

↑カッコをつけておきましたが、奈津子さんもそうですよ、とね。


「商品を大量生産せず1つ1つ大切につくる」

「お客さんに謙虚なしせいで感謝の気持ちを伝える」
など、

大量生産・大量消費の時代とは逆をいく発想が彼の軸にあって、

それがこの時代の中でも決してぶれないのがすごい。


彼の経営理念は

「勝ち組よりも価値組を目指す」「ナンバーワンでなくオンリーワン」

というように、手を広げずに徹底して1つのものを貫ぬいていくというものです。


もともと元気がなくなってきた商店街にあったそうなんですが

彼の姿勢が、毎日行列が出来、すぐ売り切れてしまうほど

「奇跡のゼリー店」をつくりあげたのだ、と。


経営に行き詰まっている方や

商店街を活性化させたい人は一読の価値ありです。



この本を読んだおかげでめちゃめちゃ富士市に行きたくなりました。


ちなみに杉山は、静岡県で3番めに多い苗字です。

東京ではそこまで見かけないけどね。

というわけで、活性化頑張りましょうo(*゚∀゚*)o杉山さん!!
posted by なつこ at 14:26| Comment(1) | 本@書評感想

2012年08月16日

ヘルス&ビューティーレビュー☆取材を受けまして

『HBR』ヘルス&ビューティーレビューという雑誌の

取材を受けました。

9月号「心のデトックス」特集に掲載されます。

002.JPG

9月号の目次 クリック↑すると大きく見えると思います。

特に気になる箇所は「新型うつ」「めまいはストレスが原因?」てとこですね。

めまいは受験時代に1年以上続いたので…問題文読めないっつーの。

東京の脳外科まで行っちゃったっつーの。そして…原因不明…だとΣ(°д°lll)!

あの頃、ストレス性って知っていればなあと思うことがこの歳になってもしばしば。

自分の無知を反省です。情報大事。



この雑誌の特徴は「広告を一切載せない」こと!

そのため「完全に公平な視点」から「本当の」記事が書けるのです。

例をあげると…話題の「カタツムリって美容効果があるの?」

という記事では「話題性が先行。それ以上の効果には疑問」(キッパリ)と

誰にも遠慮せずズバズバと言えてしまうわけです。



この本は書店には置いてなくて、会員登録して購読するかたちをとっています

HPはこちら左斜め下

http://www.hbrweb.jp/

会員になると講演会や講座、サロンにもいけるようです!

個人的には毛髪についての「女性の頭皮ケア」行ってみたい。

髪染めてるし、将来早めに毛根死ぬかもしれん。南無・・・


そういえば今年の8月号「抗加齢医学の最新ニュース」をいただいたのですけど

自分の本棚に大事にしまってあるの見てみたら去年の8月号で、やはり

同じ「抗加齢医学」についての本でありました。

001.JPG


本棚から潜在的な不安が顕著に現れてきてイヤですね

抗加齢かあ・・・ガンバロ・・・(´・ω・`)うん

posted by なつこ at 12:06| Comment(0) | 仕事@自分の

2012年08月14日

落書き「座る女」

今、あれこれ絵を描いています。ちょっと違うテイストで。

座る女です。座敷女ではない。

昔読んだなあ、座敷女。

名称未設定 1のコピー.jpg2.jpg

グロとか、包丁もってドタドタ追いかけてくるようなものより

じんじわくる、湿っぽいホラーが怖いです。


・・・ってすぐ脱線するけど、これはホラーじゃないし座敷女ではない。

むしろ座敷わらしがちょっと成長した感じ?

ああでもそれはそれで部屋にいたら怖いなあ。
posted by なつこ at 11:35| Comment(0) | 日記

2012年08月12日

偏差値29からの東大合格☆の上をいく衝撃

拙書、偏差値29からの東大合格

先日本屋さんが「多くの方が手にとっていかれますよ」と。

嬉しいです(*´∀`)

ありがとうございます


ということで祝☆5刷!なのですよ!

ヤターヽ(´∀`*)ノ



担当のあずみんから、

新しく刷られた本と一緒にわざわざウクライナから取り寄せたという

しおりをいただきました。

004.JPG

見た人みんなが「うわっ何これ」って言ってくれます。

005.JPG

私も何度見ても「うわっ」って思います。



あずみんの部屋に行った時も海外で購入したという

「!?」的ものが沢山ありました。



よくもらう手紙のメッセージカードのカードにも

「!?」な衝撃がはしります。

彼女のセンスは期待を裏切りません。


そんな、決して軸のぶれない担当がいてくれて

私は幸せ者だと感じるのであります



みなさん、あずみん、ありがとうm(__)m
posted by なつこ at 21:34| Comment(2) | 仕事@自分の

2012年08月10日

オタクにやさしく(標語)あ、今日夏コミだね

昨日、諸々用事がございまして某談社に伺いましたところ

入り口にCLAMPのでっかい「義経秘伝」のイラストがありましたので

最近また歴史系にハマっている私はワーッ(*>∀<*)と

写真をとってみたのです。

が。

120809_1516~02.jpg

この時、私は1人ではなく4人でいたはずなんですけど、誰も

「撮ろうか?」という優しい言葉をかけてくださらず

それどころか「ちょっとあの子何してるの」みたいな。

おかげでおもいっきり自撮りで悲しいです。

120809_1515~01.jpg

悲しい顔をしてます。

出版社だからといって全員がオタクに優しいわけではないってことですね

そうですね。

=============================

■でも詳細載せておきます。律儀な私。

舞台「義経秘伝」http://www.dmm.com/moonsaga/

主演がGacktですけど、この人、大河で

「毘沙門天なりぃ」

な人やってなかった?

一見外国人のような整った顔だけど

武将顔なんでしょうか。

異国顔のくせに日本武将が似合う。羨ましい。

生まれ変わったら武士になりたいな。

でも生まれ変わったら未来だよねえ。

過去に生まれ変われないものか。うむむ。



posted by なつこ at 17:35| Comment(0) | 仕事@自分の

2012年08月07日

スカーフの利便性!

以前、誕生日にスカーフをもらったと書きましたが

これがもう、かなり便利!黒ハート

scarf.jpg

普通に首に巻いてもそれだけで可愛いけど

首と背中を後ろで結べばブラウスになるし、

2枚でつなげばドレスにだってなる。


髪を結べば豪華になるし、

下のは仕事用に使っているバッグですけど、持ち手に結べば

モノトーンが一気に華やかになりましたぴかぴか(新しい)

001.JPG

派手な柄ではあるけれど、黒に近い紺色が入っているため

上品さがありますよね。


調べたら結び方にもいろいろあって、殊に参考になったHPは左斜め下

洋服でのオシャレ⇒ 印象を変えるストールの巻き方

http://matome.naver.jp/odai/2133162350939595801

バッグのオシャレ⇒ワンポイントで素敵に見える、スカーフの巻き方左斜め下
http://ameblo.jp/webdashopping/entry-11024971258.html

あと、ここに載っているバッグへの結び方一覧も可愛かった左斜め下

http://blog.goo.ne.jp/kirimarunaomi/e/5fc16d6f21b0a90a2b7e272df19e6632

1番下のページはどうやって結ぶかは書いてないので(書いてないよね?探せばあるのかしら?)

気合いで形を似せるヽ(*´∀`)ノ゚

意外になんとかなる。


以前「日本のふろしきの実用性は素晴らしい」という文章を読んだことがあります。

どんなに横に長い物でも、縦に長い物でも包めてしまう。

紙袋だとこうはいかないぜ!

というような内容だった気がしますが、


実用生活でいう風呂敷が、オシャレでいうスカーフみたいなものかも。

スカーフの方がちょっと長めだよね。

最近では、結婚式のご祝儀でプチ風呂敷で包んだものもあり左斜め下

http://www.gosyugi.com/

これは捨てられない!って相手は思いそう。いい思い出になるから。

51Snq9dl4eL._SL500_AA300_.jpg

上のはamazonで600円くらいのもの。布は薄めだけど可愛い。

(しかしこれはさらにフクサで包むのだろうか?悩むね!)


もしファッションでおしゃれな風呂敷が出たら、実用生活にもオシャレにも使えて

かなり便利では!?
と思った次第であります。

アパレル業界の人、どうでしょうか?

誰か見てたらご一報くださいε=(ノ≧∇≦)ノ


posted by なつこ at 21:09| Comment(2) | 実用

2012年08月05日

嘘はつけ、赤信号は渡れ!

「いじめられている君へ」

という題で、漫画家の西原理恵子さんのお話左斜め下

http://www.asahi.com/national/update/0804/TKY201208040635.html

とても同意できる箇所がたくさんありました。


私も子供は残酷だな〜と思う時はよくある。



オトナになると、会社の社会的責任とか、家族を守るとか

そういうことを背負って生きているから、それを犠牲にしてまで思い切った行動は

なかなかとれないけど


子供は、アイデンティティを探している途中だから心も不安定で、

かつ学校と家庭の間ばかりの世界にいるから、見えないものが沢山ある。

710.jpg

左が西原さんで、右がなくなった夫の鴨ちゃん

====================================

彼女の言葉で1番重要なのは

「上手に嘘をついてください」

「学校は、いじめられてつらい思いをしてまで行くようなところじゃない」

というところでしょう。


学校や親に「嘘をついちゃいけませんっ」って教わって

嘘をつくことにひけめを感じたり罪悪感を覚えることも

多々あるでしょうけれど


世の中には必要なうそっていうのは存在するし

「ダメって言われたからダメ」じゃ、ただのマニュアル人間になっちゃう。

そりゃ、正しいと教えられたことに従ってたら楽だからね。

私は正直者が素晴らしいなんて全く思わない。


誰だか外国のサッカーの監督も

「日本には赤信号が渡れない選手が多い」みたいなことを言ってて

つまりは自主性がなく、自分で考えない人が多いよってことだと思う。


自動車がきていないのに律儀に信号待ちしてたって

ただの時間の無駄なわけです。


それに、本人にしては世界のすべて、みたいに思えちゃうものだけど

いじめられて、かつ「死にたい」と思ってまで

学校なんて行かなくていい。


私も、中学1年で友人が全くいなくなった時があったし

高校で全然いかなくなった時期もあったし

授業なんてあんまり聞いてた覚えがない。

自分の命>>>>>>>>>>>>>>>>学校 くらいの考えでいっしょ。


よく女の人が男の人に「仕事を私、どっちが大事なの!?」って聞くけど

まあ、それは生活がかかっているし相手の幸せにもお金はいるし難しい問題だね。


でも子供が親に「学校と私、どっちが大事なの!?」って聞いたら

確実に「子供」でしょう?なんで子供より学校を大事にしなきゃいかんのよって。


「学校に行く」ってのはその程度です。


「うそをつけ」っていうのは、まあ親との摩擦を考えてのことだろうと思う

いじめられている子は、親に「いじめられている」なんて言いたくないからね、絶対に。


だから「頭がいたい」でも「体がだるい」でもなんでもいいから

嘘をつくべきなんだと思う


同級生で高校にいかず大検を受けて東大に受かったって人もいたし

その後の選択肢はたくさんあります。


狭い世界で残酷になっている人間を相手に

大切な自分を失ってしまうよりは


赤信号をわたって、道路の向こうに渡る 

その一歩を踏み出すことができたらいいと思う

============================

西原マンガは昔から好きだけど、1番好きなのは

「ぼくんち」


51FNEM2B1EL._SL500_AA300_.jpg

たしか私が高校1年の時に読みました。

1番きつい時期だったから、よく覚えてます。

西原節、名言がたくさんです。オススメ!

なにげにサインもいただいちゃいましたexclamation×2わーい!

そして西原さんならよく近くの雀荘で見かけると知り合いの編集さんが言ってました。


西原さんはいいとして編集さん、仕事は!?







posted by なつこ at 15:25| Comment(2) | 社会面

2012年08月03日

青のエクソシストにはまり〜

時代の流れとして随分おそいと思いますが

最近、青のエクソシストにはまってます。

4043d0920ea01a6475903210.L._AA300_.jpg

内容は、サタンと人間のあいだに生まれた主人公が色々あって
(はしょりすぎw)
サタンを倒すためにエクソシストになり

昔はあまりいなかった友人たちとの付き合いの中、みんなで成長していくお話。



アニメ化にもなって大人気作品なんで知っている方が多いのではとおもいますが

ジャンプSQで連載してます。


私が好きなのは「メフィストフェレス」というキャラで

ao-03-05.jpg

名前からして言わずもがな悪魔なんですが、なぜかエクソシストやっててエライ人です。

その左が主人公の燐、そのまた左が弟の雪男くんです。


で、先日ファミマ行ったら青エクの1番くじがあって

(最近アニメのくじコンビニに多いですね!)

メフィストのファイルがあったんで

「欲しい!これは欲しい!!」と思ってひいたんですが…


雪男くん巨大フィギュアが!!

「おめでとうございます!」という店員さんの声。

雪男好きにはかなり嬉しいんでしょうが、私はメフィーが!!



・・・ということでもう1度ひいたら

「ミニフィギュアボックス」という6種類のキャラの中から

選ぶフィギュアが当たりました。

(箱に入っているのでどのキャラが入っているかは見えない)

で、6種類のキャラの中にメフィーがいたので

「メフィメフィメフィメフィメフィメフィ」と念じつつ

箱をあけてみたら

002.JPG

雪男くんが!!


どんだけ雪男好きなんだよっていう、私の引き寄せパワーすごいね!


いや、雪男も頭よくて人気者という素敵キャラなんですけどね。

私はメフィストがーーー(T_T)


さらにいうなら、主人公の友人の志摩くんのお兄さんの金造くんが好きです。

(殆どモブに近いと言っていいマイナーキャラですけんども)


と、まあ、全く漫画の解説はしてないのですが

強制的にまとめてみると

青エクは、NARUTOやワンピースに近いバトル成長「王道漫画」なんで

ワクワクしたい人は読んで損はないかと。


ちなみにメフィストっていうのはファウストが召喚した悪魔っていうことで

講談社でも「メフィスト賞」なんて文学賞が存在するくらい、

悪魔の典型として有名ですね。

って感じで検索したら

250px-Keppler-Conkling-Mephistopheles.jpg

全然萌えないメフィスト画像がヒットしてちょっと悲しくなったよ
posted by なつこ at 13:42| Comment(0) | 漫画@書評感想